2022年04月30日

2022年 4月~5月号 辻蕎麦便り






卯月 

赤、白、黄色、紫など色鮮やかに咲き誇る庭のチューリップたちが一夜にして白銀と混じり合い、強い朝日を受けて晴れ渡った青空に浮かぶさまはまさに一幅の絵画です。
立夏を目前にまさか冬に逆戻りするとは。
30日未明に降り出した雪は夜明けとともに止みましたが、種々の花々が妍を競う季節にそぐわない世界を出現させました。
前日の昼過ぎころから急激に気温が下がり、やたら寒かったのですが、この光景をみていると納得させられます。
天気予報では黒い雲に小さい雪だるまが添えられていました。
降雪は山間部のことと勝手に思い込んでいたので、まさか平地でもこうなるとは。

11日に待ちに待った桜の開花宣言がありました。
今冬は例年にない豪雪に見舞われ、1日も早い華やぎの世界の訪れを願っていただけに開花宣言は嬉しさとともにどこかほっとしたものがありました。
このころから気温が乱高下し、最高気温が夏日の26℃になる日もあれば、いきなり10℃と急降下。
開花を宣言された桜もさぞびっくりしたことでしょう。
あっという間に満開になり「重くないですか」と思わず声を掛けたくなるほど多くの花をつけたのはいいが、あまりの寒さにもう一度蕾に戻ったほうがいいのではと身を、いや樹を震わしているのではないかと可哀そうになるほどでした。

そんな中、16、17日に天童市の舞鶴山公園では恒例の「人間将棋」が行われました。
数年前にも紹介しましたが、これを作り上げたのは辻蕎麦代表・輝彦の父・故勇蔵です。
天童は日本一の将棋の駒の生産地。花見時の観光資源にと当時観光協会長をしていた勇蔵が考え、1956年から始めました。
プロ棋士同士が対局し、一手指す度に広場に設けた巨大将棋盤の上で鎧甲冑を身にまとった若者たちが大きな駒を縦横に持ち運びます。

ことしは会場の広場を取り囲む桜並木が満開になり、しかも見事に晴れ渡る絶好の環境の中で行われました。
コンデションも良かったのですが、70年近い歴史の中でかつてないほどの盛り上がりをみせたのです。
実は17日の対局者の1人が将棋界のスーパースター藤井聡太5冠だったのです。
実行委員会では新型コロナ対策として、観覧者の定員を660人に限定し事前募集しましたが、なんと全国から11,714人もの応募がありました。
18倍弱の高い競争率で、そのフィーバーぶりに関係者は大興奮。
天童温泉の各旅館やホテルはほぼ満杯状態だったとか。
観覧者は将棋ファンだけでなく、「藤井ファン」が結構多かったようで、これをきっかけに天童、山形の魅力を知ってもらえればと期待を強めていました。
イベントの創始者もさぞ喜んでいることでしょう。

わがささやかな菜園もようやく動き出しました。
白菜の茎立ちやニラ、アスパラなど旬の味を楽しめるようになってきています。
いろいろな野菜の播種や苗の定植作業などが引きも切らず待っています。
遅れないようにしなければ。





posted by 辻蕎麦(つじそば) at 12:47| Comment(0) | 辻蕎麦便り | 更新情報をチェックする

2022年03月30日

2022年 3月~4月号 辻蕎麦便り






弥生。

積雪が例年の4倍近くあった山形市周辺の雪も、3月の声を聴くと急速に解け始めました。
20日過ぎには郊外の田んぼも完全に姿を現し、つい数日前まで白一色の世界に覆われていたなどということはどこからみても想像できません。
まるで壮大なマジックを見せられているようです。
太陽のエネルギーと自然の移ろいのすごさをあらためて思い知らされます。

あれほど邪魔だった雪が目の前から無くなると、かえって雪が恋しくなるというか、月末に今シーズンの雪の見納めにと大蔵村肘折温泉の巨大雪だるま「おおくら君28世」を尋ねてきました。
大蔵村肘折地区は山形県の中央部に位置し全国トップクラスの豪雪で知られる月山の麓にあります。
青森県酸ヶ湯と並ぶ豪雪地ですが、このドカ雪を観光に生かそうと1995年から巨大な雪だるまづくりを続けています。
村はなぜか日本一とは名乗っておりませんが、間違いなく大きさ日本一でしょう。
ということは世界一かな。
サイズはその年の雪の量で違うようですが、今月19日に誕生した28世の身長は13.6㍍、ウエスト98.0㍍で体重が2095㌧。
身長は去年より2㍍ほど高いとか。
ざっと4、5階建てのビルの高さに相当するのでは。
あまりのビッグサイズにちょっとぴんと来ないかもしれませんが、想像力を逞しくして思い浮かべてください。
雪だるまの肩のあたりまで登れるように両側がスロープになっており、ちびっ子たちがソリ遊びに興じておりました。
この「おおくら君」はそう簡単に姿を消さないようで、村の実行委員会では「おおくら君に春が来る日」のクイズを行っています。
完全に解けて水になった日を予想するもので、当選者には温泉旅館の宿泊券が当たります。
ちなみに昨年の「27世の春の日」は6月20日でした。
気温が急上昇するこれから2カ月以上も持つなんて、信じられますか。

往復の車中、山形市から40㌔ほど北の村山市の田んぼで白鳥の大群に出会いました。
まだあちこちに雪が残っている田んぼで長い旅路に備え懸命にえさをついばんでいました。
そうした中から時折10羽前後が一緒に飛び立ち、見事な逆V字編隊をつくって北上していきました。
どうしてあのようにきれいなV字を作れるのでしょうね。
こうしたV字編隊を組むのは鶴や雁、白鳥など比較的大きな鳥だと聞いたことがあります。
先頭の鳥が羽ばたくことによって上昇気流が発生し、後続の白鳥は楽に飛べるのだそうです。
先頭は時々交代するそうで、スケートの長距離走に似ていますね。
そうやって数千キロの北帰行が可能になることを長い進化の過程で学んだのでしょう。

それにしても人はなぜ過去から学ばないのでしょうか。
ロシアがウクライナへ軍事侵攻しました。
その理由はいろいろあるのでしょうが、どのようなものであれ残るのは悲しみと破壊だけです。
戦争でごく普通に生活している人々を幸せにしたなどということはありません。
営々と築いてきたものを破壊し尽くし、人々を苦境に追い込むことにどのような意味合いがあるのか。
全く理解できません。
1日も早くどころか一瞬でも早く終結することを願ってやみません。






posted by 辻蕎麦(つじそば) at 13:53| Comment(0) | 辻蕎麦便り | 更新情報をチェックする

2022年02月28日

2022年 2月~3月号 辻蕎麦便り






 如月。

「ラニーニャ現象により、今冬は東日本や西日本では気温が低めですが、北日本では平年並みでしょう」。
昨秋の長期予報は確かこのようなものだった気がします。
気温がそれほど低くないなら、雪も多くないのではと勝手に思い込んでいたのが大間違い。
どうしてこんなに降るの、と空に向かって叫びたいくらいでした。
気温は低下しなくとも、日本海の海水温が上昇し、“雪の素”をふんだんに供給したのかもしれません。

 今月22日未明には、山形市の積雪が88㌢に達し、2月としては10年ぶりに80㌢を超す大雪になりました。
積もった量も凄かったのですが、もっとびっくりしたのが降った量です。
前日からの24時間の降雪量がなんと30㌢に。
山形県内屈指の豪雪地帯の大井沢や小国をしのいでしまったのです。
積雪量ではなく、あくまでも24時間の降雪量ですが。
それにしてもわずか1日で30㌢分も降るとは。
前日の21日に用事があって車で出かけたのですが、郊外の道路はほぼホワイトアウト状態に。
完全なホワイトアウトはいくら言葉を尽くして説明しても、遭遇したことのない人には想像し難いものです。
間断なく降り続いて雪の密度が濃くなったり、降り積もった粉雪が強風で連続して舞い上がったりして、車の運転席からの視界は白一色になるのです。
ひどいときは自分の車のボンネットも見えず、ガラス窓すべてに真っ白い紙を貼ったように。
今回はその一歩手前までいきました。
数日前に家の周囲をきれいに除雪したのに1日にして元の木阿弥です。
今シーズンは何回これを繰り返したやら。

 そうはいっても、時は確実に春の息吹を運んできてくれるようで、辻蕎麦と同じ天童市にあるサッカーJ2のモンテディオ山形のホームグラウンドで、恒例の除雪作業が23日から始まりました。
100人を超すボランティアのサポーターたちがスコップなどを手に集まり、スタジアムの座席などの雪を取り除いていきます。
多いところでは130㌢にも達するそうで、長年携わっている人たちもこれほどの量はあまり記憶にないとか。
いくらどけてもなかなかイスが現れず、必死に雪の山と格闘していました。
3月20日のホームでの開幕戦に向けて、毎週土曜、日曜日に行っていくということです。
選手たちの躍動するプレーを思い描きながら頑張っているのでしょう。

 ハウスものですがタラの芽など地物の山菜も顔を見せるようになりました。
雪の下から現れる鮮やかな緑のフキノトウで1日も早く春の風味を味わいたいものです。
雪が多く何かと大変だった分だけより美味しく感じられるのではないでしょうか。





posted by 辻蕎麦(つじそば) at 15:26| Comment(0) | 辻蕎麦便り | 更新情報をチェックする