2019年08月30日

2019年8月~9月 辻蕎麦便り







 葉月。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。
暑い、暑いと連日照りつける太陽を恨めし気に見つめていたころが懐かしくなるほど、山形周辺は一気に気温が下がってきました。
郊外に出ると、つい先日まで緑の剣先のような稲穂が風にゆられ、海原の波のように揺れ動いていましたが、あっという間に穂が膨らんで頭を下げています。
一時は低温続きで収量の減少が心配されていましたが、どうやら持ち直してきているようです。
農家の人たちも胸をなで下ろしていることでしょう。

 盆地のなかにある山形や天童は、7月から8月にかけて日中の気温が35℃を超えることは珍しくありません。
ただ夕方、太陽が山の彼方に沈むと同時に暑さが和らぎ、ほてった肌には涼しくさえ感じられるほどになります。
夜が寝苦しいなどといったことはほとんどありませんでした。
ところが先月下旬から今月半ばにかけて、この“常識”が覆されてしまったのです。
熱帯夜が続いた上に、日中の尋常でない高温が住宅のいたるところにしっかり忍び込み、夜中に壁や床から這い出してくるのです。
いつもなら寝ている間にクーラーを使うことはほとんどありませんが、さすがに今年は無理でした。
体中に汗をかき、頻繁に目覚めてしまいます。
完全な睡眠不足に陥り、いわゆる「夏バテ状態」に。
山形でこんなことになるとは思いもしませんでした。

 この猛暑も20日を境に一転。
明け方にどこからか冷気が忍び込んでくるようになり、2、3日は涼しくて寝やすくなったと喜んだのも束の間、今度は肌寒さで目を覚ますようになりました。
タオルケット1枚では体に寒さが残るので、薄い夏用の布団を掛けて凌ぐ有様。
この気温の乱高下になかなか体調がついていけません。
季節や気温はもう少し緩やかに移ろってほしいものです。

 これまでも何回か書いてきましたが、日本は世界中でも四季がはっきりしており、その中でも山形周辺は春夏秋冬が色濃く認識できる地域でした。
春夏秋冬は3カ月ずつあるものと信じていましたが、近年はどうやら崩れてきているのではないかという気がしてなりません。
というより、春なら春、夏なら夏の天候が続くのではなく、春の中に冬や夏が混じったり、夏の中に秋が混じってきたりで、季節がぼやけてきているように感じます。
こんな状態が長く続けば、自然は変質していくでしょうし、われわれの生活だって変わっていくのではないでしょうか。
さまざまな「旬」がいつの時季なのか分からないなどということだけは絶対になってほしくないものです。





posted by 辻蕎麦(つじそば) at 07:20| Comment(0) | 辻蕎麦便り | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

2019年7月~8月 辻蕎麦便り






文月。

「暑い、暑い、暑い、あつ~い。いくら書き連ねても足りないくらい暑い毎日です。どうしたんでしょうね、日本列島」。
去年の辻蕎麦便り7月号の書き出しですが、この変わり様は本当にどうしたんでしょうね。
ここ2、3日、ようやく夏らしくなってきましたが、それまでの山形は夏真っ盛りとは思えないような天候でした。
7月に入り、最高気温が30℃を超す日はほとんどなく、中旬には平均気温が20℃に満たない日が6日間もありました。
おまけに連日、雨か曇天で、青空の中で太陽がまぶしいなどということはあまり記憶にありません。

ささやかなわが家庭菜園にも影響が。
まずはトマト。
開花してから日々の平均気温の合計が800℃から900℃に達しないと色鮮やかに熟しません。
花は次々に咲き、実をつけ始めたものの、赤く熟れた色になるのにやたら日数がかかり、まさか緑色のトマトってことはないような、とあらぬ疑いをかけたほどです。
ジャガイモも収穫時期を迎えたのに、雨模様の天気続きで、畑の土がなかなか乾かず日一日と先延ばしに。
湿った土のなから掘り出すと、土がジャガイモにべったりついて、うまく取れないのです。
これが腐敗の原因になったりもします。
手をこまねいている間にジャガイモが巨大化し内部に空洞ができてしまったり、はたまたネズミの格好のえさになり、食い散らかした残り物の後片付けに追われることになりました。
3、4日好天が続いてくれればこんなことにはならなかったのに、と恨めし気に天を見上げるしかありません。

ささやかなわが家庭菜園ならこんなぼやきで済みますが、気がかりなのが宮城県など太平洋側の米作地帯。
山形より連日2、3℃気温が低く、おまけに日照時間も極端に少なかったようです。
稲も品種改良が進み、少々のことでは深刻な冷害に見舞われるなどということはなくなってきたようですが、この先、きちんと持ち直してくれればよいのですが。

西日本ではゲリラ豪雨による被害が各地で出ています。
被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
テレビなどで「避難指示が出されました」という速報を耳にすることが極端に多くなったような気がします。
知人友人が住む地域が報じられると心配でなりません。
その都度電話で安否を確認していますが、こんなことが増えていくんでしょうか。
なんとか穏やかで、四季の到来がしっかり感じられる日本に戻ってほしいものです。








posted by 辻蕎麦(つじそば) at 16:28| Comment(0) | 辻蕎麦便り | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

2019年6月~7月 辻蕎麦便り






 水無月。

「えっ、こんなにお酒に弱くなった」。
そろそろ寝ようかと立ち上がった瞬間、足元がぐらっと揺れるような感じがしました。
晩酌をしたものの、酔いを誘うほどの量ではなかったはず。
体のどこかがおかしくなったのかな。
ほんの一瞬でさまざまなことが頭を駆け巡りました。
今月18日午後10時22分。
その途端、あの恐怖感をあおるようなスマホの緊急地震速報の音。
地震か。
揺れが次第に激しくなり、いつまでたっても収まらない。
実際は短時間だったのでしょうが、やたら長く感じました。
自分の足元がこんなに揺れたのは、2011年の東日本大震災以来のことです。

 ほどなく震源地がわが山形県沖でマグニチュード6.7というニュースにびっくり。
各地の震度を伝える速報では、新潟県村上市府屋が6強、山形県鶴岡市温海川が6弱、山形、新潟の日本海側が軒並み5強と5弱。
まさか庄内浜沖の海底が震源地になってこんなに強い地震が発生するなんて。
もっとも秋田県沖でも、新潟県沖でも発生しているのだから山形県沖だけ例外なんてことはないんでしょうね。

 県外に住む友人、知人から相次いで安否を確かめるメールや電話が入りました。
東日本大震災時の体験がしっかり脳裏に刻み込まれているためか、大規模災害の時にはあっという間に電話やメールが通じなくなるとばかり思っていました。
これ以上強い地震なら分かりませんが、少なくとも今回は通信手段が奪われるということはありませんでした。
東日本大震災以降、相当に改善強化されたんでしょうね。
いざという時にネットワークがしっかり生きているというのは本当に有難く、心強いものです。

 今回の地震で山形市や天童市周辺は被害がほとんど無かったようです。
日本海側の被災された方々にお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を願っております。

 サクランボの季節です。
全国の70%の生産量を誇るさくらんぼ王国では、農家が連日出荷作業に追われています。
そんな中、新しく開発された品種が話題になっています。
山形県が開発したもので、直径が3㌢前後もある大玉で、糖度が20度以上と佐藤錦並みの甘さがあります。
「やまがた紅王(べにおう)」と名付けられ、2022年に先行販売、2023年から本格販売を始めるということです。
収穫期は佐藤錦が終了する6月下旬から7月上旬までということですが、実際どんな味なのか、今から楽しみにしております。






posted by 辻蕎麦(つじそば) at 13:24| Comment(0) | 辻蕎麦便り | 更新情報をチェックする